BLOG

スタッフブログ

2019/04/29 Mon,

慢性リンパ性白血病について

こんばんは。AXISの山田です。

今回は慢性リンパ性白血病について紹介します。

慢性リンパ性白血病は一般的に「血液のがん」といわれる白血病のひとつです。白血病にはいくつかの種類がありますが、細胞の種類から骨髄性とリンパ性とに分けられます。また未熟なリンパ球が増加する場合と成熟したリンパ球が増加する場合とで、急性リンパ性白血病と慢性リンパ性白血病とに分けられます。これらは骨髄やリンパ系組織の中で発症します(血液細胞の種類、骨髄やリンパ系組織のことについては「慢性骨髄性白血病」、「急性リンパ性白血病」の項を参照して下さい)。通常、血液の中に成熟したリンパ球が著しく増加した状態が慢性リンパ性白血病です。リンパ球の種類によりB細胞とT細胞とに分けられます。白血病細胞は、リンパ節、骨髄、脾臓などで非常にゆっくり増殖し蓄積します。 慢性リンパ性白血病は、小児には少なく、成人でも中年以降に好発します。頻度は年間、10万人に1~3人の発症率です。リンパ球のがんには、悪性リンパ腫や他の白血病がありますが、これらとは病態や治療法が異なります 。 慢性リンパ性白血病の原因はまだ明確ではありません。そのため危険因子や予防方法も明らかではありません。 症状 慢性リンパ性白血病の細胞は骨髄、リンパ節、末梢血の中で増殖しますが、細胞の増加による直接の症状はあまりみられません。しかし一般的には、白血病細胞が増殖することによりリンパ節や脾臓、肝臓が腫れてきます。T細胞性白血病の場合には、皮膚や中枢神経に転移しやすい傾向があります。また骨髄の中で白血病細胞が著しく増加した場合には、正常な血液が造られず、貧血や血小板減少による出血傾向などの症状がおこることがあります。またリンパ系の細胞の異常や免疫力の低下などにより、細菌やウイルスに対する抵抗力がなくなり、発熱や肺炎などの感染の症状が認められることがあります。白血病細胞 の増殖により体重減少、全身倦怠感、発熱、寝汗などの症状が見られることもあります。合併症として身体の抵抗力のもとである免疫の異常がおこることもあります。免疫の異常による溶血性貧血や、赤血球だけが少なくなる赤芽球癆(せきがきゅうろう)といった特殊な貧血、血小板減少がみられることもあります。 治療 慢性リンパ性白血病の治療の主体は、抗がん剤を用いた化学療法です。この他に、放射線療法や造血幹細胞移植あるいはモノクローナル抗体による治療が行われることもあります。すでに確立されている標準的な治療方法がありますが、完全に治すことはなかなか難しいのが実情です。そのため、さまざまな新しい治療方法が試みられています。新しい薬の臨床試験や、造血幹細胞移植を併用した大量化学療法の臨床試験なども試みられています。以下のように病気そのものに対する治療、及び病気に付随する合併症に対する治療があります。

1) 化学療法 化学療法は、抗がん剤が血流に乗り、全身に運ばれて白血病細胞を殺すため、全身療法と考えられています。抗がん剤には、注射や点滴、飲み薬などいろいろな種類があります。我が国で使用される主な薬は、抗がん剤であるシクロフォスファミド、ビンクリスチン、フルダラビンなどです。抗がん剤による副作用は、主に白血球、赤血球と血小板の減少(血液毒性)と、これに伴った感染、発熱です。また、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢、そして便秘などの消化器症状もみられることがあります。これらの副作用に対しては、いろいろな予防法、対症治療が進歩し、安全に治療が受けられるようになりつつあります。 抗がん剤以外では、生物製剤があります。生物製剤とは、すでに身体の中にある活性物質を実験的に合成し、自分の身体の抵抗力を増すようなかたちで使われるもので、現在悪性度が低いB細胞悪性リンパ腫の治療に承認されたモノクローナル抗体治療も使用可能となりました。これはリツキサンと呼ばれる薬剤で、B細胞の表面に出ている、CD20という抗原に特異的に結合するもので、非常に高い治療効果が報告されています。

2)放射線療法 多くの場合、慢性リンパ性白血病が原因で大きくなった脾臓や、リンパ節、腫瘤(しゅりゅう)などによる圧迫症状を緩和するため照射します。これは局所治療であり、対症治療のひとつです。

3)造血幹細胞移植療法 白血病に侵された骨髄を健康な骨髄に置きかえる治療法です。大量の抗がん剤や放射線照射により、骨髄細胞をなくしてしまいますので、白血球の型が完全に一致した兄弟または非血縁者の健康な造血幹細胞をもらい移植します。これは同種移植と呼ばれます。全身状態が良好で臓器機能が正常であれば、50歳までは施行可能とされています。

4)合併症の治療 感染に対しては抗生物質の投与などが行われます。自分の免疫の異常でおこる溶血性貧血などに対しては、免疫の異常を抑える目的でステロイドホルモン剤などの薬が使われることもあります。

 

AXIS TRANING STUDIO 新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21 TEL:0120-946-360 神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102 TEL:0120-946-360 本町スタジオ:愛知県一宮市本町3丁目9番15号兼松ビル2階 TEL:0120-947-251 松原スタジオ:愛知県名古屋市中区松原1丁目1-10 TEL:0120-017-806 原スタジオ:愛知県名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル1階 TEL:0120-462-511 大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19 ST PLAZA OZONE1階 TEL:0120-462-512

2019/04/29 Mon,

急性リンパ性白血病について

こんばんは。AXISの山田です。 急性リンパ性白血病について紹介します。 まず症状について 急性リンパ性白血病の初期症状は、骨髄が正常な血球を十分に産生できないことが原因で生じます。 発熱や大量発汗がみられると、感染が疑われます。正常な白血球があまりにも少なくなると、感染のリスクが高くなります。 赤血球があまりに少なくなると、脱力感、疲労感、蒼白(皮膚や粘膜が血色を失った状態)が現れ、貧血になります。心拍数が速くなったり、胸に痛みが出たりする場合もあります。 血小板が極端に少なくなるため、あざや出血が生じやすくなり、ときには鼻血や歯ぐきからの出血がみられます。 その他の臓器に白血病細胞が侵入すると、別の症状が生じます。 白血病細胞が脳で増殖すると、頭痛、嘔吐、視力障害、平衡障害、聴力障害、顔の筋肉の異常がみられることがあります。 白血病細胞が骨髄で増殖すると、骨痛や関節痛を生じることがあります。 白血病細胞によって肝臓や脾臓が腫大すると、腹部膨満感や腹痛が生じることがあります。 治療 化学療法 化学療法は非常に効果的で、以下の段階に分けて行われます。 寛解導入期 予防的な脳の治療を含む地固め期 強化期 維持期 寛解導入化学療法が治療の最初の段階です。寛解導入化学療法の目的は、白血病細胞を破壊して骨髄中で再び正常な細胞が成長できるようにし、寛解へと導くことです。骨髄が回復する速さにもよりますが、数日から数週間の入院が必要になる場合があります。貧血の治療と出血の予防には、それぞれ赤血球輸血と血小板輸血が必要になることがあり、細菌感染の治療には、抗菌薬が必要になることがあります。尿酸など、白血病細胞が破壊されたときに放出される有害な物質を除去するため、輸液の点滴とアロプリノールによる薬物療法も行われます。 様々な薬の組合せがあり、そのうちの1つを使用して、数日から数週間にわたって繰り返し薬を投与します。具体的な薬の組合せ(併用)は、診断検査の結果により決定されます。併用療法の1つに、プレドニゾン[日本ではプレドニゾロン](コルチコステロイドの1つ)を経口で投与し、アントラサイクリン系薬剤(通常はダウノルビシン)とアスパラギナーゼ、ときにシクロホスファミドとともに、ビンクリスチン(化学療法薬の1つ)を週単位で静脈内投与するというものがあります。新しい薬についても研究が行われています。 地固め期を継続して骨髄の病気を治療しますが、急性リンパ性白血病は脳に広がる可能性が高いため、脳に広がった白血病細胞を治療したり、白血病細胞が脳に広がらないように予防したりすることにも重点がおかれます。脳と脊髄を覆う組織(髄膜)の中に白血病細胞がある場合の治療では、通常メトトレキサート、シタラビン、コルチコステロイドのいずれか、あるいはその組合せを脳脊髄液(髄液)の中に直接注入します。この化学療法とともに、脳への放射線療法を行うこともあります。 強化期(遅延強化期または中間維持期とも呼ばれます)では、残存している白血病細胞を壊滅させるために治療を行います。別の化学療法薬、または寛解導入療法で用いたものと同じ薬を、数週間にわたって数回投与します。白血病細胞に特定の染色体変異がみられるために再発のリスクが高い人に対しては、多くの場合、最初の寛解期間に幹細胞移植を行うことが推奨されます。 この後さらに、薬の種類や用量を減らした維持化学療法を通常2~3年続けます。 再発 血液、骨髄、脳、精巣などに白血病細胞が再び現れることがあります(再発)。早期に骨髄に現れた場合は特に深刻です。化学療法を再開すると、多くの場合は効果が得られますが、この病気は再発する傾向が強く、乳児や成人では再発が特に多くみられます。白血病細胞が脳に現れた場合は、週に1~2回、髄液に化学療法薬を注入します。白血病細胞が精巣に現れた場合は、化学療法とともに放射線療法を行います。

AXIS TRANING STUDIO 新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21 TEL:0120-946-360 神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102 TEL:0120-946-360 本町スタジオ:愛知県一宮市本町3丁目9番15号兼松ビル2階 TEL:0120-947-251 松原スタジオ:愛知県名古屋市中区松原1丁目1-10 TEL:0120-017-806 原スタジオ:愛知県名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル1階 TEL:0120-462-511 大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19 ST PLAZA OZONE1階 TEL:0120-462-512

 

2019/04/29 Mon,

PNFストレッチとは

こんにちは、AXISの小栗です。

PNFストレッチとは、「固有受容性神経筋促通法」といいます。身体の感覚受容器を刺激することにより、弱まった筋肉と脳神経の結び付きを活性化させていくトレーニングのことで、トレーニングを行うことにより筋力の向上や正常な可動域を取り戻していきます。

PNFストレッチには、ホールドリラックスとコントラクトリラックスの2種類があります。基本的に、どちらも可動域の拡大、筋のリラクゼーション効果が得られ、短時間で高い効果が得られると言われています。2種類の使い分けは目的とする筋の痛みの有無によります。

行うタイミングとしては、コンディショニングの調整に行われることが多く、運動前に行うストレッチとしてはあまりオススメはできないですが、(筋肉や身体が急激に緩み、筋力が発揮しにくくなると言われます。)過度に固く、可動域が制限されている場合は行うこともあります。

筋肉が過度に緊張し、可動域に制限がかかっている方、身体全体の筋バランスの偏りがある方にはオススメですが、2人で行うPNFストレッチの場合、パートナーが熟練者でないとケガを負うリスクや、ストレッチする筋肉の選択を間違えると逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。

AXISでは、この他にも様々なストレッチやトレーニングがございます!

ぜひ一度、AXISへお越し下さい!

ご予約はこちらまで!

http://www.axis-ts.com/contact/

AXIS TRANING SUTDIO

新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21
TEL
0120-946-360

神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102

TEL0120-946-360

本町スタジオ:愛知県一宮市本町3丁目915号兼松ビル2

TEL:0120-947-251

松原スタジオ:愛知県名古屋市中区松原1丁目1-10

TEL:0120-017-806

原スタジオ:愛知県名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル1

TEL:0120-462-511

大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19ST PLAZA OZONE1

TEL:0120-462-512

2019/04/27 Sat,

エネルギー消費

こんにちは!AXISの神谷です!

今回は、エネルギー消費についてお話をします。

エネルギーになるのは主に糖質、脂質ですが

糖質の摂取量がたりないとタンパク質が分解されてエネルギー源となります。

1日の摂取エネルギー2000kcal60%を糖質から摂取しています!

基礎代謝を上げることによって心身ともに安静にしている状態でも内蔵を動かしたり体温を維持したりするために消費される筋力をアップさせることで基礎代謝量があがります。

AXISでは、この他にも様々なストレッチやトレーニングがございます!

ぜひ一度、AXISへお越し下さい!

ご予約はこちらまで!

http://www.axis-ts.com/contact/

AXIS TRANING SUTDIO

新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21
TEL
0120-946-360

神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102

TEL0120-946-360

本町スタジオ:愛知県一宮市本町3丁目915号兼松ビル2

TEL:0120-947-251

松原スタジオ:愛知県名古屋市中区松原1丁目1-10

TEL:0120-017-806

原スタジオ:愛知県名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル1

TEL:0120-462-511

大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19ST PLAZA OZONE1

TEL:0120-462-512

2019/04/27 Sat,

食事と消化

こんにちは!AXISの神谷です!

今回は、食事と消化についてお話をします。

消化に使うエネルギーは思っている以上に多いです

人の体は消化に70%のエネルギーを使っています。

そんなにたくさんのエネルギーを使っている消化活動を少しでも軽減させることができるのは消化に負担がかからないものを食べることが効果的であると言えます。

食べ物の消化にかかる時間

(消化が早い食べ物)

12時間

・果物

・野菜

・半熟卵

24時間

・ステーキ

・生卵

・刺身

・天ぷら・白米・パン

(消化が遅い食べ物)

12時間以上

・ソーセージ・ベーコンなどの加工肉食品

・バター・いかたこ

ビタミンやミネラル炭水化物タンパク質

の順に消化に時間がかかる。

胃の調子を整えるだけでなく!排泄や新陳代謝へのエネルギーになるのでダイエットにもつながります!

AXISでは、この他にも様々なストレッチやトレーニングがございます!

ぜひ一度、AXISへお越し下さい!

ご予約はこちらまで!

http://www.axis-ts.com/contact/

AXIS TRANING SUTDIO

新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21
TEL
0120-946-360

神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102

TEL0120-946-360

本町スタジオ:愛知県一宮市本町3丁目915号兼松ビル2

TEL:0120-947-251

松原スタジオ:愛知県名古屋市中区松原1丁目1-10

TEL:0120-017-806

原スタジオ:愛知県名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル1

TEL:0120-462-511

大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19ST PLAZA OZONE1

TEL:0120-462-512

1 / 2,17012345...102030...最後 »