BLOG

スタッフブログ

2019/04/29 Mon,

肘部管症候群について

こんにちは。AXISの藤原です。

今回は肘部管症候群についてのお話です。

肘部管症候群とは、絞扼性神経障害の1つで肘の内側にある肘部管というところで尺骨神経が圧迫や牽引などの力が加わることで起こる神経の症状のことです。初期症状としてしびれがあります。その症状が出るところは掌と手の甲の薬指から小指にかけてです。麻痺が進行してくると手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指の変形がおきてきます。

AXISでは、様々なストレッチやトレーニングがございます!

ぜひ一度、AXISへお越しください!

ご予約はこちらまで↓↓

AXIS TRANING SUTDIO

一宮スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21

TEL0120-946-360

一宮サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102

TEL0120-946-360

松原スタジオ:名古屋市中区松原1-1-10

TEL0120-017-806

原スタジオ:愛知県名古屋市天白区原1-210 原コーネルビル1

TEL0120-462-511

大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19 ST PLAZA OZONE1

TEL0120-462-512

2019/04/29 Mon,

野球肘

野球肘は投球動作で肘が痛むものの総称であり、主に肘の内側(たまに外側)に痛みが出ます。外側が痛む場合、肘の骨と骨がぶつかり骨が剥がれたり軟骨が傷ついて痛みを起こします。内側が痛む場合、肘を曲げた時に靭帯が伸ばされたりするなど、張力によって痛みが出ます。

投げる動作を行うたび、肘にはものすごい負担がかかっています。フォームの悪い投げ方や負担の大きい投げ方を続ければ、それだけ大きな負荷が肘にかかり続けるため怪我をしやすくなります。

野球肘の予防は、肘周りの筋肉をほぐしてあげることが大切です。筋肉が固まってしまっていれば、肘を曲げるにしても上手に曲げることができなかったり、骨や靭帯に負担をかけてしまいます。

野球肘になってしまった場合は、投球などの肘に負担のかかる動作は避け、アイシングや保存治療などして処置するといいでしょう。また、肘周りのストレッチも必須です。

 

AXISでは、この他にも様々なストレッチやトレーニングがございます!
ぜひ一度、AXISへお越し下さい!
ご予約はこちらまで!↓
AXIS TRANING SUTDIO
新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21
TEL:0120-946-360
神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102
大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19ST PLAZA OZONE1階

2019/04/29 Mon,

アキレス腱炎

アキレス腱炎はジャンプや踏み込み動作など、地面を蹴る動作の時にアキレス腱が炎症を起こし痛みが出る怪我です。

使いすぎにより起こるのがほとんどで、運動をしていると痛みが引くことがあります。運動後はアイシングをしたりストレッチをじっくりしてあげるなどしてアキレス腱の緊張や疲労をとりアキレス腱炎を予防しましょう。

アキレス腱炎になってしまった場合、ストレッチをするところはふくらはぎだけでなく、脛の前の筋肉(前脛骨筋など)やふくらはぎの中の筋肉のヒラメ筋、足底にある筋肉や太ももの前や後ろまでする必要があります。

これは、ふくらはぎや脛骨筋が固まっていれば腱や関節に負担がかかるのはもちろんですが、太ももの筋肉が固ければ膝の曲げ伸ばしが制限されたり、うまく動かせないために余計にアキレス腱に負担がかかってしまうからです。

また、アキレス腱炎のときはアンクルジャンプのように、腱に負担のかかる動作は避け、ジャンプをするのも膝でクッションを作るなどしてカバーするといいでしょう。

AXISでは、この他にも様々なストレッチやトレーニングがございます!
ぜひ一度、AXISへお越し下さい!
ご予約はこちらまで!↓
AXIS TRANING SUTDIO
新生スタジオ:愛知県一宮市新生1-7-21
TEL:0120-946-360
神山サテライトスタジオ:愛知県一宮市神山1-10-1 神山ビル102
大曽根スタジオ:愛知県名古屋市北区大曽根3-8-19ST PLAZA OZONE1階
1 / 2,17312345...102030...最後 »